--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.01.10 (Sun)

いきものがかりNewアルバム『ハジマリノウタ』レビュー第2回! 


昨日も連日の厳しい冷え込みの朝になりました。
氷点下にはなりませんでしたが、0℃まで下がりましたからね。
厳しい冷え込みが相変わらず続いています。
玄関のシクラメンも厳しい冷え込みにグッタリ
しかかっていましたからね。
日中は、冬晴れになりきれいな青空が広がり、
気温は11℃まで上がり、昼過ぎには南よりの
風も吹いていたので、過ごしやすく感じたんですけれどね。
夕方になってやや薄雲が出ていたものの、
それが広がることもなく、満天の星が広がっているので
どうやらこれ以上は雲が広がるおそれはなさそうですね。
今日も厳しい冷え込みになり、朝は0℃前後まで
下がると見られています。日中は良く晴れて連日の
冬晴れが広がりそうです。気温は昨日とほぼ変わらない
ようですが、北よりの風が吹きそうなので、
昨日よりは寒く感じる1日になるかもしれません。
空気が乾燥しっぱなしなので、風邪等には
十分注意しないと。

【More・・・】


さて今日も、いきものがかりNewアルバム
ハジマリノウタ
レビューの続きを書きたいと思います。

今日は、8曲目の『秋桜』からですね。
いきものがかりの真骨頂であるせつなポップ調に
ブルース調もミックスされたメロディーになっています。
この曲も作詞・作曲は山下穂尊くんが手がけ、
アレンジは本間昭光さんが手がけていますが、
本間さんにこれは感謝ですね。この『秋桜』は
インディーズの時にリリースした1stアルバム
『誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました・・・』に
収録されている楽曲で、あまり当時のアレンジを
いじっていないのが、何よりこの『秋桜』の楽曲の
すばらしさを物語っていますからね。
最近はすっかりこのメロディー手法は穂尊くんの
定番にもなってきている感がありますが、
原点は間違いなくこのインディーズのころからすでに
あったということになりますね。
《『誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました・・・』を
もっている方は聴き比べてみるといいと思います。》
そしてこの曲は4:52で結構長めなのですが、
実際聴いてみると、その長さを全く感じないぐらい、
内容がすごく濃い!タイトルが『秋桜』なので、
全体的に『秋桜』をイメージ出来る内容になっているの
かなぁと思われがちですが、少し大人びた恋愛というか、
背伸びをした恋愛模様。
田舎や郊外といった雰囲気よりも都会の雑踏の中で
感じる女性の切ない想い、本当は純粋な想いなんだけれど、
自分の中にあるプライドみたいなものが邪魔をしていて、
素直になれないもどかしさが描かれていますね。
タイトルの『秋桜』の花言葉が気になったので、
あらためて調べ直してみたのですが、
花言葉は、乙女の真心・純潔。調和・美麗。
当てはまるとしたら美麗でしょうかね?
後はブラックコスモスの恋の終わりでしょうか?
《どちらかというとこれの方が近いですね。》
素直になりたくてもなれない自分。
誰もがそういう恋の経験はあるんじゃないでしょうか?

次は10曲目の『てのひらの音』です。
こちらは一転して明るいメロディーの青春応援ソングであり、
いきものがかりを応援しているすべてのファンに向けた
いきものがかりの3人なりのメッセージでもあるような
感じがします。今までの歩みを振り返りながら・・・。
《そこまで重いものじゃないといわれちゃいそうですけれど。(笑)》
作詞・作曲はまたもや山下穂尊くんで、アレンジは、中村タイチさん。
とにかくこの曲は、メインボーカルの吉岡聖恵ちゃんだけでなく、
水野良樹くん、山下穂尊くん3人のトリプルボーカルに
なっているので、それが何よりの聴きどころですよね。
ポップス調の明るいメロディーに乗せて、
これからも前に進むよ!またあらたな旅が始まるよ!
いろんな涙を流すかもしれないけれど、夢に向かって
これからも走り続けるよって!
この曲も思い浮かんだのがいきものがかりの原点の1つである
日が暮れかけている相模川の河川敷ですね。
この曲はとにかく深いことはあまり考えなくていいと
思うんですよね。聴いたまま、感じたまま、受け取れば
良い楽曲。いつの日もこれからも原点からのスタート。
地元を大切にしてくれているいきものがかりの気持ちを、
僕はそのままこれからも受け止めていきたい、
そう思わせてくれる楽曲です。

次は11曲目の『How to make it』です。
この楽曲のメロディーもいきものがかりの真骨頂である
リズミカルなポップチューンとせつなポップが
ミックスされたような感じですね。
曲の出だしのちょっとしたサンプリングにビックリ
させられますけれど。
この楽曲も山下穂尊くんが作詞・作曲を手がけていて、
アレンジはヒダカトオルさん。
青春応援ソングであり、いろんな葛藤、理想と現実との
違いに戸惑う自分と周囲からの期待の重さへの
もどかしさとイラつく気持ち。人生は理想どおりには
本当にいかないものなんですけれどね・・・。
理想どおりに行かないからこそ人生は面白いもの
なんですけれど、自分もそれになかなか気がつかなければ、
周りもそれになかなか気がつかなかったりするもので。
年を重ねれば重ねるほど、いろんな経験を通じて、
いろんなことに気がつかされて、理想は理想として
大切にすればいいということにも気が付く。
これは誰もが経験するものだと思いますね。
この楽曲は、日本語を大切にしているいきものがかりには
珍しく、英語の詞も入ってきていますが、
この英語の詞の部分は、自分を鼓舞する想いというのが
すごく詰まっている気がしますね。
あえて英語の詞を入れたことで、もともと日本語の詞だけでも
メッセージ性の強い曲がさらに強くなった気がします。
この曲は、1回聴いただけでもなかなか
世界観が伝わりにくいと思うので、ぜひ何度も
聴き直して欲しいですね。たぶん、そのときの自分の
置かれている状況や立場でも聴こえ方は違ってくるん
じゃないかと思います。

ということで今日も3曲のレビューを書きました。
続きはまた明日以降に書いていきます。
スポンサーサイト

テーマ : いきものがかり - ジャンル : 音楽

タグ : 厳しい冷え込み 冬晴れ いきものがかり ハジマリノウタ レビュー

EDIT |  00:05 |  いきものがかり  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
★NoTitle
レビュー第1回から全部読ませていただきました^^
読んでいて「うん、そうそう!」って思うことばかりで
なんか嬉しかったです♪
秋桜についてはほんとアレンジ変わってないですよね!
最初のハープのイントロのところから聴いて
玲菜もすごく感じました(^ω^)
第3回も楽しみにしていますっ*
玲菜 |  2010年01月10日(日) 20:23 | URL 【コメント編集】
★玲菜ちゃんへ!!
こんばんは!!玲菜ちゃん!!

『ハジマリノウタ』のレビュー、第1回から読んでくれてありがとう!
納得する部分も多くてよかった。
『秋桜』は、あえてレビューを書いている間に、
『誠に僭越ながらファーストアルバム拵えました・・・』のと
『ハジマリノウタ』のと計4回聴いて、今までと
聴こえ方が違うかなぁと聴き比べてみたりもしたりして。
本当に当時とアレンジをほとんど変えないでいてくれたことは、
何よりだと思うし、本当に良かった!『秋桜』はアレンジを
変えちゃうと、全く別の曲になる気がしていたから・・・。
インディーズ当時を知らなかったファンもこれだと
ああ、いきものがかりの原点はここにあるんだなぁって
思ってもらえるんじゃないかな?

第3回は、今日も深夜にアップするので、
明日以降チェックしてね。いつもチェックとコメント本当にありがとう!
ふうちゃん《ふうさん》URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

ぶろぐぱーつ

ぷろふぃーる

コメント・トラバ・総記事数

あたらしいきじ+あたらしいコメントV1

まとめプラグインv2《カレンダー&アーカイ

更新ばろめーたー

いま、いるばしょ

ぶろぐ内検索

QRコード

RSSフィード

ふりーえりあ

ぶろぐぱーつⅡ

最近の写真

画像つき花言葉

星の砂時計

星が見える名言集100

地球の名言Ⅱ

今日はどんな日?

かんりにんにメール

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

タグリスト

見てくださっている方

訪問してくださった方

★★星のシャワー★★

BLUE☆STAR

ふりーえりあ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。