--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.01.12 (Mon)

いきものがかり3rdアルバム『My song Your song』レビュー第1回!! 


今日は、当初の天気予報では曇りがちの1日になると
みられていましたが、ふたを開けてみたら朝の冷え込みは
厳しかったですが、午前中は良く晴れて冬晴れになりましたね。
ただ、昼前になって雲が急速に広がりだすと、
昼過ぎに一時的に通り雨、にわか雨が降りました。
これは予想外で、洗濯物や干していたフトンが少し
濡れてしまいましたが・・・。(^^;;
その後はまた雲が切れてきれいな青空が広がってきて、
日が暮れてからも月がきれいに見えて、少しずつ
星空も広がってきています。
気温は相変わらず上がらず9℃までで、日中でも
かなり寒く感じましたが、
明日も朝は氷点下の厳しい冷え込みになりそうですが、
日中は午後になると一時的に雲が広がる時間帯も
ありそうですが、全般的に晴れ間が広がりそうです。
気温も今日と変わらないようなので、明日の日中も
かなり寒そうですね。
どうやらこの寒さは、今週いっぱい続きそうです。

【More・・・】


さて今日は、すっかり遅くなってしまいましたが、
昨年2008年12月24日(水)にリリースされた
いきものがかり3rdアルバム『My song Your song』
レビューを書いていきたいと思います。
このアルバムは、01.『プラネタリウム』、
02『気まぐれロマンティック』、03.『ブルーバード』、
04.『スパイス・マジック』、05.『かげぼうし』、
06.『帰りたくなったよ』、07.『message』、
08.『Happy Smile Again』、09.『くちづけ』、
10.『僕はここにいる』、11.『ブギウギ』、
12.『幻』、13.『心の花を咲かせよう』、
〔bonus track〕
14.『帰りたくなったよ -acoustic version-』の
全14曲が収録されていて、タイアップ曲が9曲収録されていて、
すでにシングルでもリリースされている曲ばかりなので、
2008年度のベスト盤といってもいいぐらいですね。
本当にボリューム満載です。
すでにレビューを書いているシングルは割愛して、
アルバムに収録されているオリジナル曲4曲と
配信限定曲2曲の6曲のレビューを2回に分けて
書きたいと思います。今日は第1回目ですね。

まず、4曲目の『スパイス・マジック』からです。
この曲は、ケータイ小説『恋するコンビニ』の
コラボレーションソングとして配信限定で
リリースされましたが、いきものがかり
真骨頂というべきこれぞリズミカルなJポップと
いう感じの曲に仕上がっていますね。
山下穂尊くんが作詞、作曲を手がけましたが、
穂尊くんお得意の思いっきり青春ラヴソングですね。
ケータイ小説の『恋するコンビニ』を実は読んでいないのですが、
それでもワクワクドキドキ、そして甘酸っぱさのある
学生時代の恋というのが素直に伝わってきて、
『恋するコンビニ』の世界観というのが何となく
想像出来ますね。曲の世界観自体がすごく素直
なので、なおさらなのかもしれません。
本当に余計なことを考えることなく、
スッと曲の世界観が伝わってくると思います。
いつの日も純粋な恋を大切にしたいとあらためて
スパイス・マジック』を聴きながらそう思います。

次は5曲目の『かげぼうし』ですね。
この曲もまた、いきものがかりの真骨頂である
ミディアム・テンポのJポップソングに仕上がっていますね。
冬の青春ラヴソング。冬の街灯と共に消えた
自分の恋、今思うとああしておけば良かった、
自分の素直な気持ちを伝えれば良かったのかなという
後悔の念が描かれていますね。この曲も作詞、作曲は
山下穂尊くんですが、誰よりも女心の分かる男性と
言われている水野良樹くんに負けず劣らず、
素直な女心が伝わってきますね。『スパイス・マジック』が
学生時代の青春真っ只中の恋であれば、こちらの
かげぼうし』はチョッと大人になってきて、
いろんな複雑な想いが絡み合う恋で、
失恋の切なさ、寂しさというのが素直に伝わってきます。
失恋はしたくないですが、これも経験しないことには
本当の恋はつかめないんですよね。
そういったことも『かげぼうし』は教えてくれている
ような気がします。

次は9曲目の『くちづけ』です。
この曲は、メロディーを聴くとチョッとビックリするかも
しれませんね。メロディーだけを聴けば、昭和の歌謡曲の
ような雰囲気をすごく感じます。
そして曲の世界観は、これまた切なく、やるせない失恋。
この曲も山下穂尊くんが作詞、作曲を手がけていますが、
スパイス・マジック』から『かげぼうし』、そして『くちづけ』と
だんだんと大人の恋の階段を上がっていて、
それぞれが別の曲で、メロディーも違いますが、
1つの同じ人の恋のドラマになっているような感じがしますね。
切なくて、やるせなくて止まることのない涙は
このあなたへの複雑な想いがあふれているもの、
傷心した想いはなかなか癒されないだろうと、
女性の想いというのが本当に聴いていて切ないですね・・・。
こういう恋の経験のある方はすごくズシリと来ると思います。

という頃で今日は3曲、お送りしました。
続きはまた明日以降に書いていきます。
それから、今年2009年からCDのジャケット写真の
公開を取りやめます。これは著作権の保護、
肖像権の保護
というのをもう1度しっかりと取り組みたいと
思ったためです。ご理解とご協力をお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : いきものがかり - ジャンル : 音楽

タグ : 星空 いきものがかり レビュー スパイス・マジック かげぼうし くちづけ 2008年度のベスト盤 山下穂尊 水野良樹

EDIT |  18:45 |  いきものがかり  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

ぶろぐぱーつ

ぷろふぃーる

コメント・トラバ・総記事数

あたらしいきじ+あたらしいコメントV1

まとめプラグインv2《カレンダー&アーカイ

更新ばろめーたー

いま、いるばしょ

ぶろぐ内検索

QRコード

RSSフィード

ふりーえりあ

ぶろぐぱーつⅡ

最近の写真

画像つき花言葉

星の砂時計

星が見える名言集100

地球の名言Ⅱ

今日はどんな日?

かんりにんにメール

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

タグリスト

見てくださっている方

訪問してくださった方

★★星のシャワー★★

BLUE☆STAR

ふりーえりあ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。