--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.06.03 (Wed)

いきものがかりのNewシングル『ふたり』レビュー!! 


今日は朝から雲が多かったものの、昼ごろまでは日差しも
ありましたね。ただ今日も昨日に引き続いて朝から風が強く、
昼ごろからは湿った雨風が吹いていて、これは天気が崩れるなと
思っていたら、案の定、夕方になって弱いにわか雨
降ってきました。一気にひどくなるといったものでは
なさそうですが、やはり天気は下り坂になってきていたと
いうことですし、一旦やんでもまた降る可能性が
あるようなので、突然のにわか雨に要注意です。
また気温は午前中が22℃、午後になって20℃に
下がっていたので、涼しくて感じましたね。当たり前ですが。(笑)
明日は、朝から1日を通じて曇りになりそうですが、
午後になるとところによって、またにわか雨
雷雨になるところもあるようなので、急な天気の変化に
気をつけないといけないですし、明日も折りたたみ傘や
雨具が必須アイテムになりそうです。

【More・・・】


さて今日は、いきものがかりNewシングル『ふたり
レビューを書きたいと思います。
収録曲は
01.ふたり 02.ブルーバード ‐2009 LIVE ver.‐
03.心の花を咲かせよう ‐2009 LIVE ver.‐
04.ふたり ‐instrumental‐の4曲となっていますが、
ブルーバードと心の花を咲かせようはすでにレビュー
書いているので割愛させていただき、『ふたり』のみの
レビューを書きたいと思います。

では『ふたり』のレビューを書いていきたいと思います。
とにかく印象的なのは、いきなり最初にサビがビシッと来て、
その後にストリングスが入ってくると
いうことですね。この楽曲は壮大なバラードになっているというのを
この時点ですごく予感させるもので、まずメロディーだけを
聴いていても切なく、重く感じます。さらにドラムや
アコースティックギター、エレキギター、エレキベースの他に
ピアノやオルガン、タンバリンも加わり、
その上でこの壮大なバラードの楽曲に詞が加わるわけですから、
切なさも重さもさらに増してくるもので、聴けば聴くほど
切なく感じます。女心がよく分かるアーティストとしてすっかり
おなじみの水野良樹くんが作詞作曲を手掛けた楽曲ですが、この
ふたり』は大人の男性の恋心でもあり、
『ふたり』が主題歌として起用されているTBS系で放送中の
日曜劇場『ぼくの妹』の究極の兄妹愛をそのまま
描いた世界観、両方が上手くミックスされていると感じます。
ぼくの妹』のための書き下ろしなので、この『ふたり』の
大きなテーマは『僕《ぼく》』ということになると思いますが、
この『ふたり』の世界観は『私《わたし》』では成り立たない、
『僕《ぼく》』でなければいけない、そういうものなんだと
思います。本当のこの楽曲の意味、答えというのは、
ドラマの世界観だったり、PVの世界観だったり、
それぞれが教えてくれることになるでしょうし、
聴いた方が感じた想いというのも1つのこの楽曲の意味、
答えになってくると思います。

さてさて、ここからは総評のようなものになりますが、
この『ふたり』を良樹くんが手掛けるにあたり、
いきものがかりの作品の中ですごく大切な楽曲になっている
映画『砂時計』の主題歌として書き下ろされた
帰りたくなったよ』の続編として、それに匹敵する、
あるいは超える楽曲、壮大なバラードを作って欲しいという
依頼を受けて、すごく生みの苦しみを味わったと聴いています。
良樹くんのブログより》
帰りたくなったよ』は、後にも先にも本当にいきものがかり
とって大きな意味のある楽曲であり、それに匹敵する、
超える楽曲を制作するというのは相当なプレッシャーだったと
思います。《ちなみに良樹くんはもう1曲生みの苦しみを味わった
楽曲があるのですが、それはまた追々分かると思うので、
そのときにということで。》
苦しんで、苦しんで、悩んで、そして出来たこれだけの
壮大なバラードの楽曲が『ふたり』です。
ぜひそういった良樹くんの生みの苦しみとこの『ふたり』に
かけた想い、重みも大切にして、これからも聴いていきたいなと
思いました。ファンのみなさんはもちろんですが、
ぼくの妹』を通じて、『ふたり』を、いきものがかり
知ったみなさん、いろんなカタチでいきものがかりを知ったみなさん、
ぜひ『ふたり』を聴いて、そして『帰りたくなったよ』も
聴いてみてください。良樹くんの想いがもっともっと
分かると思います。
そしてこのレビューが少しでもこれから、
いきものがかりの楽曲をもっと聴いてみたいなという参考に
なれば幸いです。
スポンサーサイト

テーマ : いきものがかり - ジャンル : 音楽

タグ : にわか雨 雷雨 いきものがかり ふたり レビュー 女心がよく分かるアーティスト 水野良樹 ぼくの妹 砂時計 帰りたくなったよ

EDIT |  19:30 |  いきものがかり  | TB(0)  | CM(10) | Top↑
★初コメです!!
初めまして(?)
ブロ友OKです。
すでに申請しました。
リンクも済ませておきますね~。
ズミ田ズミ夫 |  2009年06月03日(水) 20:25 | URL 【コメント編集】
レビューありがとうございました♪
「ふたり」は、よっちゃんが、生みの苦しみを味わった曲ということ、初めて知りました!
心を込めて作ってくれて、演奏してくれて、歌ってくれた曲、大事に聴いていきたいですね(^^)

…と、思うんだけど、まだCDが届いてなくて聴けてません(泣
悲しいです。。。(><)
みしゅ |  2009年06月03日(水) 22:51 | URL 【コメント編集】
★ズーミーさんへ!!
こんばんは!!ズーミーさん!!

初めましてではないですね。(笑)
ブロ友申請ありがとうございます。
僕の方も早速リンクを貼るようにします。
ふうちゃん《ふうさん》 |  2009年06月03日(水) 22:51 | URL 【コメント編集】
★みしゅさんへ!!
こんばんは!!みしゅさん!!
いえいえレビュー、ありがとうございましただなんてとんでもないです。
少しでも参考になれば幸いです。

『帰りたくなったよ』がいきものがかりの3人、特に良樹くんにとっては、
どの曲よりも想い入れの強い曲になりましたからね。
生みの苦しみを味わうとは良樹くん本人も想わなかったかもしれないですね。
でも本当にそれだけまたいろんな想いを注いでくれた楽曲なので、
大切に大切に聴いていきたいですね。
みしゅさんにもとにも早く『ふたり』が届くことを願っています。
ふうちゃん《ふうさん》 |  2009年06月03日(水) 23:38 | URL 【コメント編集】
こんばんは!!ふうちゃん!!
詳細かつ中身の濃いレビューありがとうございます。
苦労されて作られた曲なんですね。
いつまでも大切に聴いていきたいと思います。
テンプレ変わりましたね!
とても素敵で爽やかな感じでいいですね。
ホットミラクル |  2009年06月04日(木) 01:12 | URL 【コメント編集】
★ホットミラクルさんへ!!
こんばんは!!ホットミラクルさん!!
詳細かつ中身の濃いレビューだなんてとんでもないです。
ありがとうございます。
『ふたり』は本当に苦労を重ねて作られた曲です。
いろんな想いが乗せられていますから、本当にいつまでも
大切に聴いていきたいですね。

それから新しいこの梅雨時期用のテンプレート、
みなさんから本当に好評ですね。ありがたいことです。
このテンプレートを作成された作者のdokodeさんに感謝でいっぱいです。
僕自身もすごく気に入っているテンプレートですし、
これからも大切に使っていきたいと思います。
ふうちゃん《ふうさん》 |  2009年06月04日(木) 19:23 | URL 【コメント編集】
ふうさん、こんばんは!!  初コメです(^-^)

僕も、「ふたり」は、よっちゃんが、
生みの苦しみを味わった曲ということ、初めて知りました!
「ふたり」は、帰りたくなったよと並んで、
かなりのスルメソングだと思います
(かめばかむほど味が出るという意味です・・)
また、いろいろな情報教えてください。。

それからテンプレ、僕もいいと思います。
また遊びにきますね!!
やまsan |  2009年06月04日(木) 23:04 | URL 【コメント編集】
★やまsanさんへ
こんばんは!!やまsanさん!!
初コメントありがとうございます!

『ふたり』の制作にあたって、良樹くんが生みの苦しみを
味わったということを知ったのは、偶然だったのですが、
ブログを読んでいても時折、そうなのかなぁと感じたことが
何度かありました。
『帰りたくなったよ』があれだけの名曲で、いきものがかりを
代表する楽曲になっているので、続編的な曲を作るというのは
大変なことですよね。本当に・・・。
でもしっかりとまたスルメソング《やまsanさん、上手いネーミング!》
『ふたり』を聴かせてもらえたので、これからも大切に聴いていきたいと
思っています。

それからこのテンプレート、とても評判が良くて嬉しく思います。
提供が終了しない限り、来年以降もこの時期の定番としてずっと
使わせていただきたいと思っています。
ふうちゃん《ふうさん》 |  2009年06月05日(金) 19:41 | URL 【コメント編集】
ふうちゃん、こんばんは!!
 
なるほどー、そんないきさつのある楽曲だったんですね!
「帰りたくなったよ」は特に大切な曲なだけに、それに匹敵するって要望は色んな意味で苦しいでしょうね。
 
最初の数秒ですぐに世界に引き込まれますよね、「ふたり」って。
歌い方がどこかいつもより切なくて心に来ました!
 
それにしても相変わらず、丁寧なレビューですね!
ファンの心を感じました!

ゆうき |  2009年06月06日(土) 18:52 | URL 【コメント編集】
★ゆうきさんへ!!
こんばんは!!ゆうきさん!!

アーティストにとって生みの苦しみは、避けられないもので、
この経験が後々いろんな面で生きてくると思っていますが、
良樹くん本人からすると、やはり『帰りたくなったよ』に匹敵する、
超えるような楽曲を作って欲しいといわれたら、それは
大変な作業だったと思います。
そういったいろんな想いを知っただけに、こういったレビューにもなりました。
絶対海の苦しみのことには触れないとなと思ったので。
そうやって完成された『ふたり』ですし、このの切ない世界観、
いつまでも大切に聴いていきたいですね。

今回のレビュー、いつにも増して長くなりましたが、意外にも好評で
ビックリしています。(笑)
本当に丁寧なレビューと褒めてくださり、ありがとうございます!
ふうちゃん《ふうさん》 |  2009年06月06日(土) 19:17 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

ぶろぐぱーつ

ぷろふぃーる

コメント・トラバ・総記事数

あたらしいきじ+あたらしいコメントV1

まとめプラグインv2《カレンダー&アーカイ

更新ばろめーたー

いま、いるばしょ

ぶろぐ内検索

QRコード

RSSフィード

ふりーえりあ

ぶろぐぱーつⅡ

最近の写真

画像つき花言葉

星の砂時計

星が見える名言集100

地球の名言Ⅱ

今日はどんな日?

かんりにんにメール

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

タグリスト

見てくださっている方

訪問してくださった方

★★星のシャワー★★

BLUE☆STAR

ふりーえりあ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。